ビオチン

たんぱく質、脂質、糖質の代謝を助ける他、糖を作ったり、一部のアミノ酸や脂肪酸の合成にも関係しているビタミンです。 こちらも通常の食生活で不足することはまずありませんが、欠乏するとうつ症状がでる、疲れやすくなる、結膜炎や吐き気等の様々な症状が出ることがあります。 ビオチンはどんな時に不足するの? ビオチンは通常の食生活で不足することはありませんが、生の卵白を多量に、長期間摂取し続けるとビオチンの吸収が阻害され、欠乏症になることがあります。 ビオチンの食事摂取基準(μg/日) 成人男女ともに50μgが推奨量とされています。 ビオチンが多く含まれる食材
順位食品名成分量
100gあたりμg
1調味料及び香辛料類/酵母/パン酵母、乾燥310
2きのこ類/まいたけ/乾243
3肉類/にわとり/[副生物]/肝臓/生232
4調味料及び香辛料類/からし/粉158
5肉類/ぶた/[副生物]/じん臓/生100
6調味料及び香辛料類/<その他>/酵母/パン酵母、圧搾99
7種実類/らっかせい/バターピーナッツ96
8種実類/らっかせい/乾、大粒種92
8種実類/らっかせい/乾、小粒種92
10肉類/うし/[副生物]/じん臓/生90
引用:食品成分データーベース
ビオチンは食品中に広く分布している栄養素ですが、特にレバーや豆類、穀類、卵黄、ローヤルゼリーなどに多く含まれます。 熱に弱く、食品加工や保存加工で多くが失われてしまうようです。