ビタミンの力!水溶性ビタミンで驚異のアインチエイジング効果
*

ビタミンB6とは

ビタミンB6とは、互いに近しい関係にあって一緒に機能する一群の物質(ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)の総称です。ビタミンB6は抗体、赤血球の産出に不可欠です。

他のビタミン同様、自然食品あるいはサプリメントで補われる必要があります。適切な吸収がおこわなわれるためにはビタミンB12が必要で、摂って8時間以内に排出されます。

摂取基準は成人は1.6~2.0mg、妊娠中は2.2mg、授乳期は2.1mg必要です。

ビタミンB6の効果

  • タンパク質と脂肪の適切な吸収
  • 必須アミノ酸のトリプルファンがビタミンB3に転換するのを助ける
  • 神経と皮膚のさまざまな障害の予防
  • 嘔吐を緩和する(つわりに対する医師の多くの処方にビタミンB6が含まれている)
  • 抗老化の核酸の正常な合成を促進する
  • 抗うつ薬による口の渇きや排尿障害の緩和
  • 夜間の筋肉の痙縮、足のひきつり、手のしびれ、あるタイミングの手足の神経炎を減らす
  • 自然の利尿剤として働く

ビタミンB6をたくさん含んでいる食品

  • ビール酵母
  • 小麦のふすま
  • 小麦胚芽
  • レバー
  • 腎臓
  • 大豆
  • カンタループメロン
  • キャベツ
  • 廃糖蜜
  • 精製していない米
  • オーツ麦(オート)
  • ピーナッツ
  • くるみ

サプリメントは50~500mgまで、いろんな量のサプリメントが揃っています。ビタミンB6だけのものもありますし、ビタミンBコンプレックスになっているものもありますし、ビタミンB群以外のビタミンも一緒に入ったマルチ・ビタミンになっているものもあります。

他のBビタミンの欠乏を招かないように、ビタミンB1やB2と等量摂る必要があります。

ただし、ビタミンB6を過剰摂取すると「安眠できない」といった症状も出るので注意が必要。1日500mg以上の摂取は推奨されていません。