ビタミンの力!水溶性ビタミンで驚異のアインチエイジング効果
*

ビタミンB1とは

他のビタミンと同様に、多分に摂取された分は体内に貯蓄されず、すべて排出されます。したがって、毎日補充する必要があります。

B群のビタミンには相乗作用があり、個々に摂ったときよりも、全部一緒に摂ったときの方が効果が大きいです。ビタミンB1、B2、B6は等量摂取したときに、それぞれがもっとも効果的に働きます。

ビタミンB1は”精神的ビタミン”とも呼ばれており、神経系と精神状態によい影響をもたらす効果があります。

ビタミンB1の効果

  • 成長を促進する
  • 消化、とくに炭水化物の消化を助ける
  • 精神状態を改善してくれる
  • 神経系、筋肉、心臓の機能を正常に保つ
  • 飛行機酔い、船酔いを防ぐ
  • 歯の手術を受けた後の痛みを和らげる
  • 帯状疱疹の治療を助ける

ビタミンB1は欠乏症になると脚気になるので注意しておきましょう。

ビタミンB1をたくさん含んでいる食品

  • ビール酵母
  • 米ぬか
  • 無精製の穀類
  • 小麦全粒粉
  • オーツ麦(オート)
  • ピーナッツ
  • 内臓
  • 豚肉
  • ほとんどの野菜
  • ふすま
  • ミルク

サプリメントで摂取する場合はビタミンB2、B6と等量入っているビタミンBコンプレックスで摂ると最も効果的に摂取することができます。それに、抗ストレス・ビタミンのパントテン酸、葉酸、ビタミンB12が入っていると一層効果が高まります。

ただし、一般的な摂取量は一日当たり100~300mgですので、それ以上摂取しても吸収されずに体外へ排出されてしまうので、その点は注意しておきましょう。

カフェインやアルコールを摂取するとビタミンB1もたくさん必要

ビタミンB1は加熱調理によってかんたんに壊れるだけではなく、カフェイン、アルコール、食品加工過程、空気、水、エストロゲン、制酸剤、サルファ剤などにも影響されて壊れてしまいます。

もしも、あなたがタバコをたくさん吸ったり、お酒を飲んだり、砂糖をたくさん摂るのであれば、ビタミンB1もたくさん必要になります。さらに、妊娠中や授乳期、避妊ピルを飲んでいる場合にもビタミンB1はたくさん必要になります。

病気や不安、外傷、手術後などで何らかのダメージを負っている場合、ビタミンB1を含むビタミンBコンプレックスは減少してしまうので、定期的に摂取しておく必要があります。